2005年01月14日

上がり症

現在でも完全に克服したとは思ってませんが、中学生の頃はすごい上がり症でした。

実はクラス委員長とかやってたんで、よく前で喋ることがあったんだよね。そんな時はずっと真っ赤になって喋ってたように思います。まぁ、そんなのは誰でも少しくらい赤くなると思うんだけど、俺のは筋金入りだから、発表で当てられてその場に立っただけでも真っ赤になって発表してたらしい。俺はそんなつもりはなかったんだけど、友達にアップルシンドロームを疑われたこともあったような・・・。

んで、これがまた、女の子と話す時もすごい真っ赤になるんだよね。別に好きな女の子と話してるわけじゃない。でも、俺の顔は真っ赤。話してるその子に「何でそんなに真っ赤なん?」と書きかれた時はかなり焦りながら誤魔化したような記憶があります。まぁ、これは3年になった頃には好意を持ってる女の子以外には赤くならないようになったんですけどね。今は多分、赤くなっていないと思うんですが、どうなんでしょうね?女の子にどうですか?って聞くようなもんじゃないと思うし。

なんかもっと書こうと思ったけど、眠いからまた今度。

posted by 犬っころ at 21:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺もです。
Posted by うにゅ at 2005年01月15日 15:42
そうか、それを隠すために髪の毛を伸ばして・・・。
Posted by 犬っころ at 2005年01月15日 19:31
でも、切っちまったよ。
もう人前に出れねぇよ。

そんな俺も、もうすぐ全国デビュー。
Posted by うにゅ at 2005年01月16日 02:06
全国デビューって、バンドでですか?あれか、今年で学校卒業か。
Posted by 犬っころ at 2005年01月16日 22:01
学校の外で組んでるバンドっすわ。
なぁに、まだ卒業はせんよ、誰かさんと違って。
Posted by うにゅ at 2005年01月17日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。